読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ人学生を支えるドイツ飯

こんにちは!

 

4月も残すとこ1週間となりましたが、ドイツでは、天候が不安定でつい先日も軽く雪が降ったと思えば、急に晴れたりと日本じゃ考えられない天気です。おかげさまで風邪気味です笑

 

さて、今日はタイトルにあるように、「ドイツ人学生を支えるドイツ飯」ということで書いていきます!! 日本人の大学生が有名な日本食の「寿司」や「天ぷら」を毎日食べないように、ドイツ人の学生もドイツの有名料理を毎日のように食べるわけではありません(ソーセージとビールは別ですけど笑)

皆さんが知っているドイツ料理と言えばなんですかね?やっぱり、ソーセージはすぐ出てくると思いますけど、例えば、シュニッツェル(ドイツ版カツレツ)や、アイスバイン(塩漬けの豚すね肉)、グラーシュ(牛肉とパプリカの煮込み)といった料理がいわゆるドイツ料理の定番のようですね!ただ、こういった料理は、レストランで食べたり、家族団らんの中お母さんが作ってくれるような料理のようです。なので、合理的で節制好きなドイツ人が頻繁にレストランに行ってそういった高価な料理を食べるということは多くはありません。ましてや僕の周りは学生ですから、そんなに頻繁にレストランに行くお金がありません。そして周りの男子大学生がこういった料理を作ること皆無に近いです。では、そんなドイツ人学生がどんな料理を食べているのか紹介します!!(料理の話なので、写真を載せたかったんですが、自分で撮った食べ物の写真が一枚もなかったので、文字だけとなります。興味のある方はお調べください...)

 

①ピザ

ドイツなのに?パッとしない方もおられるかと思いますが、ピザです。週一回はピザ食べてます。これにはいくつか理由があって、まず、安いんです。基本的に彼らが食べるピザはスーパーで買う冷凍のピザなのですが、3ユーロ(日本円にして350円)程度です。そもそも、ドイツは物価が安いのと、今いるドレスデンはドイツの中でも特に物価が安い地域なのもありますが、この値段でピザが食べれるなら買いますよ。あと、やっぱり、同じヨーロッパの発祥の食べものとあって、舌に合うんでしょうね。日本人でさえ、ピザをおいしいと感じるのですから、それは、ドイツ人ももちろんおいしいと感じるでしょう(理屈がわからない笑)

 

②ケバブ

ご存知の方わかると思うのですが、これもドイツ料理ではありません。元はトルコ料理です... じつは、ケバブというといくつか種類があるようで、串焼きのタイプと、細かく切った肉をサンドイッチに挟んだタイプがあります。このサンドイッチに挟んだ方をドルネケバブと言い、これがドイツでいうケバブに当たります。ドイツ語ではDönerですかね? もとは、トルコであったものが、移民として来たトルコ人によって広められ、今やドイツ人が「あれはドイツ料理だ」と言うまでになっています(←ルームメイトが言っていたので事実です笑) このドルネケバブですが、ハンバーガーのようなもので、羊肉もしくは鶏肉の削ぎ落したものと大量の野菜が入っており、いわゆるファストフードの部類です。週何回とは言いませんが、お店の前通ったら「食べるか」といったような感じで、ドイツ人はよく食べてます。なかなか、ボリュームもあって、かなりおいしいです。

 

③ラビオリ

これは人によりけりですが、少なくとも、僕のルームメイトは2週間に1回ぐらいは食べてます。またまた、これも、イタリア料理になるわけですが、スーパーにパックで2ユーロ(日本円で200円ちょっと)で売っています。二枚の平たいパスタ生地で、ひき肉を挟んだようなものです。初めて見たとき、餃子っぽいと思ったので、イメージしにくければ、餃子の皮をパスタで作ったものとでも思ってください。笑 ラビオリの用いられ方としては、トマトソースをかけたりして食べるわけですが、ドイツ人学生は安さを追求します! 使うのは卵と玉ねぎとラビオリだけです笑 みじん切りにした玉ねぎとラビオリを炒めて最後に卵。これだけです。 日本人学生がこぞって野菜炒めを作るのと同じような感覚じゃないですかね。

 ちなみにですが、ラビオリだけではなく、パスタはよく食べられます。日本人がよく食べる細長い、いわゆるスパゲッティだけではなく、マカロニやペンネといったものもよく食べているところを見ます。ですが、日本人にとってラビオリはそこまでなじみ深いものではないと思ったので、書いてみました。

 

 

さて、今回はドイツ人学生を支えるドイツ飯ということで書きましたが、結論、そのほとんどがドイツ料理ではないということですね笑 まあ、日本人も、もとは中国や韓国の料理を日本で発展させ、よく食べているので同じようなものかと笑 あと、もう一つ、ドイツ人は合理的な性格ということで、食費もかなり合理的でした。極力無駄なお金は使わず、エネルギーになるものを食べているようです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。